「やりがい」と「快楽」のバランス

人の幸福は2つの要素で出来ていると言われている。
「やりがい」と「快楽」の2つだ。

その場その場の、気持ち良さや楽しさを追及すること。
自分の成長実感や、他者への貢献、なりたい自分になるということ。

この「やりがい」と「快楽」の指標それぞれが、
どれくらいの比率で達成したいかは人に寄るだろう。

「やりがい」を重視して、ひたすらに仕事に集中する人。
その裏返しとして、プライベートの人間関係や趣味は持たなかったりする。

「快楽」を重視して、周囲との社交や趣味を楽しみ、
仕事はそこそこに、ソツなくこなす。

どの「幸福」のあり方も、それは人それぞれのあり方で正解なんてないのだけれど、
大事なことは
「自分はどんな風にバランスを取っていたいか」
という問いに答えを持っていて、回答できることじゃないかと思う。

…ただそのバランスを取る、というのが結構難しくて。
「やりがい」を追って連日残業続き、週末も疲れをとるのに精いっぱいなときだと
友達が旅行に出かけていたり、自分が誘われなかった集まりの写真を見ると
羨ましい気持ちになったりする。
一方で「快楽」を重視して、仕事もそこそこに毎日のように飲みに出かけ、
週末は楽しいアクティビティ…な日々を過ごしていると
ふとした罪悪感がむくむくと湧き上がってくる。

そのシーソーゲームのような揺れ動きのなかで
自分なりのバランスを見つけていくのだけれど
なかなかどうしてそれが難しい…。

もっと
自分はこれ!ってばしっと決められたら良いのにね。

「私はこうありたい!」というのが
誰に聞かなくても分かる人はとっても素晴らしい。
けれど、自分なりのバランスのとり方が分からなくて、
試行錯誤をしているような人に、何かのヒントになるような場が
TODAYで作れたらいいなぁ…と最近思うのです。

今を味わい尽くせば、未来は想像以上にダイナミック。

612a31c5c052c4f87c19ebdd51360350

こんばんは、Ayaです。年の瀬、いかがお過ごしですか?

私は今年で28歳なのですが、同年代と仕事やキャリアの話をすると
「悩んでない子はいないんじゃないか・・・。」と思うほど、みんなこれからどうしようか悩んでいます。

転職するかしないか、今の仕事で本当にいいのか。
自分のスキルに対する漠然とした不安、英語やプログラミングなど何か勉強を始めたり。
キラキラしている(してみえる)同年代への焦り。
Facebookに流れるキャリアにまつわる記事に胃がキュっとなったり、
ましてや結婚や出産はいつなのか、恋人がいてもいなくても漠然とした不安をかかえたり。

新卒で働き始めて数年はそれはそれでとっても大変だったけど、
「今ここを乗り越えるしかない!」という気概で目の前の仕事に集中できました。
アラサー世代って、なまじ余裕と選択肢が出来る分、
これからのキャリアに悩んでしまうんですよね。

悩むことが原動力になる一面もあると思うのですが、
先日、憧れキャリアの方にお会いしてお話お伺いしてきたのですが、
そのなかで素敵な言葉をいただきました。

「未来は今の自分の想像以上にダイナミック。
今を味わい尽くせば、きっとそんな未来が切り拓けるはず。」

悩み多き今の状況ってある意味ありがたくて、
外部環境的に自分のことだけに集中しててもOKなときってこと。
悩み尽くして今を味わい尽くして、先に進めたらいいなって思います。

年末は特に余裕があるので、ゆっくり棚卸しするのにちょうどいい時。
溜まった積読をこなしつつ、考える時間を作りたいなと思っています。

 

1年間世界中を回りながらリモートで働く、Remote year

世にもうらやましいプログラムを知ったのでご紹介します。
1年間海外をグループで旅しながら、リモートワークで働くRemote year

 

remote

 

1都市1ヶ月滞在で計12都市を回りながら、観光やアクティビティを満喫しつつリモートワークで働けるそう。
プログラム参加費を払えば、移動費用や宿泊費、働くための場所確保やアクティビティ、
イベントなどを用意してくれるようです。

メンバーと心おきなく遊んで・・・

ダウンロード

素敵なカフェでリモートワークをして・・・

ダウンロード (2)

語らって・・・

ダウンロード (1)

と、とっても楽しそうです。あいのりの世界版みたい。
リモートワーク自体は自分で確保する必要があったり、1年間フルに参加しなければならなかったりと参加のハードルはそれなりに高そう。
しかし参加してしまえば、多様なバックグラウンドを持つ同年代と濃密な時間を過ごすことができるし、
各都市にどっぷり漬かる時間もあることで刺激も出会いも多そう。しかもキャリアの中断をする必要はありません。

ちょっと昔まで「旅しながら働く」というと、寅さんのイメージしかなかったですが(私だけ・・・?)
テクノロジーの進化のおかげで、夢のような生活が実現可能になっていますね。

Remote year
http://www.remoteyear.com/

【1.26(Tue)開催】2020年、どんな風に働きたい? 未来型ワークスタイル”フリーランス”という働き方のカタチ

時間や場所に捉われない自由の高い働き方、フリーランス。

従来の技術職だけでなく、営業やマーケティング、広報など
もっと一般的な職種でも、フリーランスという雇用形態で働く人が増えています。
アメリカでは人口の約30%がフリーランスという雇用形態であるという調査結果も。

これからの働き方の選択肢として、フリーランスという働き方の実際を知ってみませんか?

today_event_top
今回は実際にフリーランスとして活躍している女性の2名をゲストに迎えます。
女性フリーランスの応援するメディア、リズムーンを運営するオノ リナさん。
活躍される女性フリーランサーと多数お会いしてきた経験から、
フリーランスという働き方の今とこれからについて、教えていただきます。

もう一人はEvernote マーケティングディレクターの上野 美香さん。
SEからIR、フリーランスへ転身しながらマーケティングへと多彩なキャリアを積まれて現職に。
“好きなこと”を発信することで、チャンスを掴んできた上野さんの
フリーランスとしてのキャリアの歩み方をお伺いします。
■イベント概要
日時:2016年1月26日(火) 19:30-22:00
19:10 受付開始
19:30 開始
22:00 終了
場所:Town Design Cafe http://towndesigncafe.com/
東京都渋谷区神宮前5-7-18プラザ青山1F ※表参道駅より徒歩5分
参加費: 2,200円 (1 drink + food付)
参加方法: peatixからお申し込みください:http://peatix.com/event/136373/

Read more

10.25『5人の子供を育てるビッグママのシンプルでハッピーな子育論』

10.25『5人の子供を育てるビッグママのシンプルでハッピーな子育論』

10月下旬のテーマは『シンプルでハッピーな子育て論』です。

子供をいつか持ちたいと思っている、もしくはすでに育児を経験しているすべての女性へ。
子供が生まれたら、自分の人生をすべて捧げないといけない。
そう思い込んでいませんか?
いい親でなければいけない、優れた大人でなくてはいけない。
そう決めつけはいませんか?
子育は、親も一緒に成長をしていくこと。
そしてなによりも周りを幸せにしながら一緒にゴールに向かって伴奏していくこと。
ビッグママ代表の黄さんはそうおっしゃいます。
誰もがハッピーになるシンプルな子育て論を教えていただきます!
Read more