ポッキーの日は戦略か?


Birthday candles on cupcake

11月11日はなんの日だ?と聞かれたら、間違いなくみんなが”ポッキーの日”

と答えられるくらい、国民的イベントの日になっている11月11日。

一体だれがそんなことをいい始めたかというと、

やはり遡ること平成11年の11月11日に江崎グリコがポッキーの日と制定したそうです。

 

その戦略が時を超えて10年以上かたりつがれているんだから、こんなすごいことはないですね。

しかし、どうしてこんなに時をこえても語り継がれているのか?

その一つに、”わかりやすい、人が覚えやすい、みんなで盛り上がりやすい”という3つのやすいが

網羅されているのではないかと思います。



実際にムーブメントを起こす時に私が意識をすることは、だれの言葉でも語れるか?ということです。

難しくて解釈がいろんな人によって変わると、伝えたいメッセージが煩雑になってしまう恐れがあるからです。

 

この先もポッキー(そしてプリッツ)が11月11日には話題になりそうですね;)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です